群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

手塗だけが最善ではない、スレート屋根塗装~前橋市広瀬町にて屋根の現場調査にお伺いしました~ |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

手塗だけが最善ではない、スレート屋根塗装~前橋市広瀬町にて屋根の現場調査にお伺いしました~

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

前橋市広瀬町にて屋根の現場調査にお伺いしました。
築年数が20年を超えており、屋根の劣化が気になるということでお問い合わせいただきました。
今まで塗装の経験がなく、初めての塗装ということでした。
よく塗装のサイクルは10年に一度やると良いと言われております。
特に屋根に関しては、紫外線や雨水の影響を受けやすいため、より劣化の進行が早い場所になります。

こちらのお家はスレート瓦と呼ばれる屋根材が使用されており、
その中でもアーバニーと呼ばれる商品でした。

スレート瓦とは、セメントを主成分とした屋根材となり、現在は多くのシェアを持っております。
軽量で施工性が良いことが特徴になりますが、他の屋根材と比べ、薄型の為割れやすいという欠点もあります。

今回、お客様が気にされていましたのは、北面の屋根が変色していることでした。
屋根材の変色は苔やカビが発生してしまうことが、原因となります。

苔やカビが北面に発生しやすいのは、日当たりが悪く、雨が降った後乾燥しにくい為と言われています。
その為、北面でも特に1階部分の苔の発生がよく見られます。

ただ、苔の発生の根本的な原因を考えると、第一に表面の塗膜の劣化が起きることで屋根材が雨水を吸収してしまうことが劣化の始まりといえます。
その為、見た目的には北面の方が、劣化しているように感じられますが、実は南側の屋根材の方が塗膜が劣化してしまっているのです。
南面の屋根材を確認していきますと、素地のセメントが露出してしまっている場所が各所見受けられます。

また、スレート瓦の施工となりますと、一般的にはタスペーサーの取り付けが必要になってきます。
ただ、今回施工されているアーバニーという商品においてはタスペーサーの取り付けは必要ありません。
必要ないではなく、施工出来ないが適切かもしれません。
タスペーサーとは、屋根材と屋根材の間に隙間を確保する為の縁切り部材で、プラスチック性のものになります。
アーバニーは通常のスレート瓦と違い、瓦が細かく分割されておりますので、タスペーサーを取り付けると屋根材を割ってしまいます。

ただ、そのままローラーで施工してしまいますと、屋根材の隙間が埋まってしまいますので、必ず吹き付けの塗装を行います。
このように、同じスレート瓦であっても施工の方法が異なってきますので、注意が必要です。是非参考にしてください。

その他、屋根材においては棟板金のサビが発生していたり、棟板金の浮きが見られてしまっていたりなど、
細かい部分の調査も必ず必要になりますので、必ず専門家に建物診断を依頼することをオススメします。

無料建物診断を依頼する

TOP