群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

玉村町モルタル外壁の現場調査に行ってきました |株式会社ミヤケン

staff blog

玉村町モルタル外壁の現場調査に行ってきました

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

玉村町にて戸建て住宅の建物診断をおこないました。

屋根材はアーバニー、外壁はモルタルが使用されています。

早速調査していきましょう。


image423

今回は、2度目の塗装工事をご検討という事で、当社にお問い合わせいただきました。

お悩みの症状としては、外壁のひび割れが気になってきたので、塗装をしなければならないと感じられたようです。

モルタルの外壁材は元々ひび割れが発生しやすい外壁材になります。

サイディングなどとは異なり、コーキング材などのつなぎ目がなく、

建物の揺れを吸収するところがない為、外壁材自体にひび割れが発生します。

今回のお家もひび割れが各所に発生しており、以前の工事で修繕されておりました。

image332

ただ、前回修繕されたひび割れ箇所が非常に目立ってきております。

こちらは、ひび割れが再度起きてしまってのではなく、補修部分の塗膜が剥がれてきてしまっている状態です。

image1121


image235

このような状態になってしまった大きな要因は、前回のひび割れの修繕方法がよくなかったことにあります。

前回の修繕ではシリコンコーキングが使われていたのです。

ひび割れの修繕方法でコーキング材を使用する事はありますが、

コーキング材の中でもシリコンコーキングは外部に使用してはいけません。

シリコンコーキングは油分が多く含まれておりますので、

塗料が密着不良を起こしてしまうのです。

その為、前回の補修箇所を擦るとボロボロと塗膜が落ちてきてしまいます。

今回は、ひび割れ部分をVカットし、シリコンコーキングをすべて撤去していきます。


写真のようにこのままにしておくと劣化が進み、

外壁を傷めてしまうので、早めの対策が必要です。



LINEでお家の状態を撮影するだけで簡単に概算のお見積もりや
アドバイスをお送りするご案内をしております。
お気軽にご相談ください。

TOP