住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
無料見積もり

ミヤケン新入社員の田中です。アフターメンテナンス現場に立ち合い!

初めまして!株式会社ミヤケンの田中郁弥と申します。


入社して半年が経ち、今回からブログを書かせていただきますので、よろしくお願いいたします。


それでは、初めの内容としまして、アフターメンテナンスに同行させて頂いた時の様子を書かせて頂きます。


アフターメンテナンスの内容としまして、施工されてから、一年後、三年後…と最大十年経ってからの

定期点検を行うものです。現在のお家の状態をチェックしたり、補修がないかなどをお伺いし、

手直しなどを行います。  


  

IMG_8989
瓦がズレてしまっております。落下の危険性がありますね。
IMG_9023
落下しないように、簡易的な補修を致しました。この時は簡易的ですがお客様がしっかり治してほしいとのことでしたので、後日瓦屋さんがお伺いして補修いたします。
IMG_8972

IMG_8941
深川社長と同期の大谷が、瓦の状態をチェックしている所です。

今回は、高崎市のお客様にお伺いさせて頂きましたが、

特別に保全協会の深川社長もご一緒に点検にまわらせて頂きました。


なぜ、保全協会の方が?とお思いではないですか。実は点検する中で、

雨樋であったり瓦など、ご加入されている火災保険で施工できるかもしれないのです。

意外とご存知でない方が多いようで、驚かれる場合がほとんどです。 



最近で言いますと、大雪の影響で雨樋が曲がってしまった。というケースが多く見られ、保険を使って直す方が増えてきております。



このように、入られている保険で直せるかもしれないので、是非一度お家の状態や保険を確認した見てください!