住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談
塗装業者選び

2e011f1144bee280bffff856c0c9e94b

point_btn11

point_btn22

良い業者悪い業者
業者選び
「お宅の壁 ヒビが入っていますよ。」
突然現れた訪問販売の業者さんからのこんな一言。
もし予期していなかった言葉だったとしたらちょっと心配になりますよね。

でも家を建ててもう何年経っているのでしょうか?
10年を過ぎていたら、そろそろ「塗替えリフォーム」の時期がきているのかもしれません。

…だからと言ってちょっと待ってください。
まさかそのまま その業者さんにすぐに頼んだりしませんよね?
「塗装屋さんなんて知らないし…そもそも、どこで頼んでも同じじゃないの?」
いやいや その考えが「塗替えリフォーム」の失敗を招くのです。
「塗替えリフォーム」で最も大切なのは「業者選び」といっても過言ではありません。

塗替えリフォーム業者選び

gyosha_5
IMG_9517
私たちが、お客様によく言われる言葉です。
そうなんです。屋根の劣化状況は、「見上げただけ」では決してわかりません。きちんと画像に納めることで、どんな工事が必要なのか、最適なご提案ができるのです。

しかも画像は、お家の全体だけでなく、劣化が出やすいサッシ周りなど、撮影場所はお家の東西南北で多岐にわたります。そんなこんなで1時間近くはお客様のお宅にいることになってしまいます。

←←屋根の画像を納める際には「高所カメラ」を使用して撮影します。屋根に登らずに屋根全体だけでなく接写も可能なので、安全に撮影が行えます。
「昨日来た業者さんは、営業マンが外からざっと見渡して10分ほどで帰っていったよ。屋根の写真まで撮影して見せてくれるの、アンタのとこだけだよ」。
長い時間おつき合いさせてしまいまして、本当に申し訳ありません。
でもこれは「見積り書・建物診断書」の作成には欠かすことのできない大切なことなのです。

建物診断書
「塗り替えリフォーム」をする時には、まず自分たちの家が、今いったいどんな状況なのかをしっかりと知ってください。
でないと「どこがどう悪くて、どう直すのか」が、わからないまま、工事を発注することになってしまいます。

私たちはそのために、現状の写真を載せた「建物診断書」を作成します。
そしてそれをもとに、ひとつひとつ劣化状況をわかりやすくお話させていただくとともに、今後の対策や施工の流れについても詳しくご説明していきます。
写真をいっぱい撮って帰った理由がおわかりいただけたでしょうか。

屋根だって上ってみないと、本当に傷んでいたり割れていたりしているのか、わからないですから。
屋根に上らない業者さんって、どうやって屋根の上の状況がわかったのですかね?謎ですね…
建物診断書

正確な見積り
「建物診断書」にて劣化状況をご説明させていただいた後に、次に「見積り書」を提示させていただきます。
ミヤケンの「見積り書」はひとつひとつの工事に対して、正確な塗装面積を表示しています。
これも初めてお伺いした日に時間をかけて、しっかりと計って帰りましたから。





ではなぜ、正確な塗装面積が見積りに必要なのでしょうか?


それは、もちろん正確な面積がわからないと、正確な塗料の量がわからない。
正確な塗料の量がわからないと、塗料を何缶使うのかもわからないからです。





塗装には「基準塗布量」といって使用する塗料の量に規定があります。
基本塗布量の出し方
例えば1平方メートルに使用する基準塗布量が1kgだとすると、外壁面積100平方メートルを塗るのに100kgの塗料が必要になります。
この塗料が1缶に15kg入っているとすると6.6缶、すなわち7缶が必要になるということです。
基準塗布量は、塗料の効果と長期耐久性を発揮させるためには、厳守すべきとても大切なことです。
どんな高性能な塗料を使っても、正しい塗布量を守らなければ、絶対に長持ちすることはありません。

ミヤケンが「見積り書」で正確な数量(面積)と仕様を明確にしているのは、そのためです。
こんな業者は注意
「営業マンがざっと見渡して10分で帰られた」あの業者さんの「見積り書」には、おそらく正確な面積(平方メートル)が記載されていることは、まずないでしょう。
数量のところが「一式」になっているようであれば、もはや最悪です。
mitumori1

見積書ポイント

見積書
また、ミヤケンが「見積り書」でご提案させていただくプランは、基本的には3プラン。


「うちは、やっぱり耐久性にこだわりたいの」「うちは暑いのがイヤだから、涼しくしたいんだ」。
お客様のニーズはさまざまですよね。

でも、せっかくの「塗り替えリフォーム」。お客様の要望にできるだけ応えられるようにするには、いくつかのプランをご提案し、その中から選んでいただくのが、やはり一番良いと考えています。

では、なぜミヤケンでは、見積りを3プランも提案できるのでしょうか?


それはミヤケンが「塗料メーカー認定施工店」だから。
他の業者さんでは取り扱いのできない高性能な塗料や耐久性の優れた塗料なども「塗料メーカー認定施工店」であることで、取り寄せることが可能になるのです。





塗料にもいろいろな種類があります。
質が違えば耐久年数も変わってきます。防水機能のある塗料なら、暑さを軽減し建物をしっかりと保護してくれます。
「見積り書」では、それらの塗料をうまく組み合わせて、いくつかのプランを作成。
それぞれの特徴を詳しくご説明しながら、お客様の予算ともご相談の上、最も適したプランをお選びいただけるようにしています。





他の業者さんに見積りを頼むと、ほとんどが1プランしか出てこないのは、そんな理由があるから。
扱える塗料が限られているので、多くのプランを出すことができないのが現状です。
塗料のメリットデメリット

point_btn11

point_btn22

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top