住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

Vカット・Uカットとは?


外壁などに用いられている素材がモルタルであったり、コンクリートの場合、現在では漆喰などを利用している住宅も存在しています。

一般的なサイディングや木質系素材以外の外壁の場合では、ひび割れが発生してしまうことがあり、放置してしまうことで雨漏りの原因になる場合が見られます。

外壁塗装などを行う場面では、外壁の下地を補修することを事前に行うことになり、ひび割れの状態次第では補修作業が開始されています。

一般的には1ミリ以上の幅のひびに対してはVカットやUカットと呼ばれる方法で補修を行うことになります。

Vカットとはひびに対して底面を尖らせる形状でカットを行う方法になり、Uカットの場合では底面を曲面上に仕上げる方法です。

したがって、Uカットの方がカットする幅が広くなることも一般的です。

カットを行った場所に対しては、シーリング材を注入する方法で補修を行うことができ、切れ込みの断面に合わせて施工することになります。

ひび割れの補修に関しては自在に任意の切れ込みが可能なメリットがあり、用いる工具などによっても施工方法が変わります。

しかし、確実にシーリングを行う方法で下地調整を済ませられるでしょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top