住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

かしこく外壁塗装を依頼するコツ

私達の生活は住居によって守られています。

その住居を守っているのは屋根や外壁ですが、
紫外線から屋根や外壁材を守っている塗膜は
塗料によっては1mmにも満たない厚さです。

この塗膜には耐用年数があり、
長くても15年くらいがと言われています。

紫外線や風雨に日々晒されることにより、
外壁塗膜が劣化し、傷んでくることによって
屋根材や外壁材を守れなくなってくると、
雨漏りや住居の構造の劣化に繋がります。

日本の家屋の寿命は30年と言われますが、
その間に傷んだ屋根や外壁塗装を数回し直す必要があります。

外壁よりも屋根の方が傷みやすく、
外壁も紫外線が直接当たる南東部分と北側では
傷み具合に違いが出て来ます。

塗装部分によって塗装寿命があるため劣化状態を
しっかり把握することにしましょう。

いざ、塗装が必要になったときには
費用を抑えるためのポイントがあります。

そのひとつが塗装箇所はなるべくまとめて終わらせることです。

塗装が必要になってきた箇所は
まとめて依頼することで足場代などにかかる費用を
削減することができます。

2つめのポイントは、塗装は寿命を迎える頃に実施することです。

外壁塗装は、外壁表面を高圧洗浄して実施します。
古く劣化しきった塗装はしっかり剥がして塗装するためです。
このとき、まだ以前塗装した塗面に寿命がある状況だと
寿命を残したまま上塗りすることになります。

そうなるとまだ性能に余裕がある塗面が無駄になってしまい
結果的に修繕費用に負担がかかることになります。

その為、再塗装する場合には、
ちょうど元々の塗装の耐用年数が来る頃、
チョーキングが生じる段階で塗装を依頼すれば、
塗装するサイクルが長くなり費用節約になります。

 

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top