住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

家の壁を触ると手が白くなりませんか?

ふと外壁に手をついたとき、手に白い粉がついた
という経験のある方はいらっしゃいませんか?

もし壁を触ったり、こすったりして手に白い粉がついたなら、
チョーキングという現象が起きていると言えます。

チョーキングとは、
建物を守る為のバリアとして塗られている塗装が
劣化しているために起きる現象です。

劣化の原因は、紫外線・熱・水分・風などで、
このとき壁の表面はチョークのような粉状になっています。

この症状が現れたときが塗装の塗り替えの目安です。

もしこのまま放置していると、ひび割れやカビなど
様々な問題が生じることがあります。

特に手が粉で真っ白になるようなときは、
劣化が著しく進んでいるので、
出来るだけ早く塗り替えを検討しましょう。

外壁塗装の塗り替え時期の判断はなかなか難しいものですが、
このチョーキング現象は触るだけでわかりますから、
見極めが容易です。

症状が現れているのに長期間放置していると
更に症状が悪化し、いざ塗り替えや修繕を行う際に
多く費用がかかってしまうことがあります。

もし気になる症状がある時は、
まずプロに依頼をして診断をしてもらうようにしてくださいね。

 

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top