住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

FRP防水ってなんの略?

建物が劣化する大きな要因となるのが、雨水が建物の内部に入り込んで壁や柱を腐らせてしまうことです。

そこで防水対策を充分にやっておく必要があります。

その際用いられる防水材のひとつがFRP防水です。

FRPとは繊維強化プラスチックの略で、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませて強化した床防水ということになります。

発泡スチロールのような防水材を貼り合わせるのとは違い、塗り重ねていく形になるので、継ぎ目がなく水の侵入を防ぎやすくなります。

さらに、塗ったらすぐに乾くので、作業時間を短縮する事もでき、ひいては人件費の節約にも効果があります。

性能として、断熱性や耐候性などにも優れていることもあり、屋根やベランダなどで活用されることが多いのですが、長期間紫外線を浴び続けていくとひび割れをしてしまいます。

定期的に表面を保護するトップコートの塗り直しが必要です。

従来の防水に比べて、施工費用は高めですが、メンテナンスは簡単なので、長期的に見ればFRP防水のほうがコストダウンにつながります。

それでも負担があるというならば、一気に複数箇所の施工をしてもらうことで、費用を下げることも可能です。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top