住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

防水工事のタイミングの見分け方

外壁を見た時、外壁が緑色に変色している場合などは、
湿気などによりカビ・コケ・草などが発生する事で
緑色に変色する事になります。

これは防水性が低下する事で起きるものでもあり、
耐水性を向上する目的で
防水工事を行うタイミングでもあるのです。

また、外壁にはコーキング材と呼ばれる
ゴムのような目地材が使われています。

これは住宅の外壁ともなるサイディングボードの
繋ぎ目部分に使われているもので、
太陽の紫外線や熱などにより
日々劣化をする部分でもあるのです。

コーキング材が劣化する事で、
ここから雨水が浸入するなどで、
建材を腐らせる原因に繋がります。

尚、コーキング材の劣化は
防水工事のタイミングでもあり、
その目安となるのが、表面の塗装が剥がれたり
ヒビ割れが起きているなど、
目で見てわかる状態なのです。

また、ヒビ割れたり引っ張ると
元に戻らない状態は防水効果が失われていますので、
ここから雨水が浸入する可能性が高く、
防水工事を行う事が大切なのです。

 

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top