住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

雨どいが壊れる理由

雨どいは雨水を効率的に排出できる設備です。

しかし、雨にさらされるため、壊れてしまうことも十分に考えられます。

具体的にはどんな原因が考えられるのか見ていきましょう。

まず、雨水の重さによって壊れてしまう場合です。

雨どい自体は細くても、雨によって全体にかかる重量はかなりのものになります。

そのような状態では、ほんのささいな衝撃や異物の混入で破損に繋がってしまうのです。

経年劣化によるヒビ割れもあるでしょう。

長年風雨にさらされれば、恐らくどんな材質であっても少なからず劣化してきます。

しかも、メンテナンスする頻度も高くないでしょうから、ヒビ割れが見過ごされたままにされることも考えられます。

見過ごされるものといえば、留めている金具の緩みもあります。

見た目では判断できないかもしれませんので、触ってみる必要があるでしょう。

やはり定期的なメンテナンスは必須です。

突然壊れてしまう場合も当然あります。

代表的なのは自然災害です。

台風の後などは特に葉っぱやゴミが詰まるので、天候が回復し次第、確認するようにしましょうね。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top