住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

雨どいが壊れる理由って?

雨どいは、屋根から伝ってくる水を受け止め、直接住宅に雨水が当たらないようにして、雨漏りなどを防ぐ役割を持っています。

しかし、雨どいは室外にあるため壊れやすく、定期的にチェックをして使用が可能かを確認することが大切です。

雨どいは大量の雨水による重さで金具が外れたり、割れたりして壊れることがあります。

また、雨どいに葉っぱやゴミが詰まったりするために雨水が流れず、その重さで壊れる危険性もあります。

それを防ぐためには、雨の日に雨どいから雨水が溢れていることに気づいたら、葉っぱやゴミを取り除いてスムーズに流れるようにしましょう。

金具で留めているいる部分やつなぎ目などに詰まりやすいため、日ごろから注意することが大切です。

また、雨どいは経年劣化によるひび割れや、金具の緩みなどが原因で破損することもあります。
ひび割れて水漏れしている場所は部分的な交換を行い、金具が緩んでいる箇所はしっかりと締めたり金具を新しくするなどして外れないようにしましょう。

そういった対策を事前にしておくことで雨どいが大破することを防ぐことができます。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top