住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

防水工事の種類〜アスファルト防水〜

アスファルト防水工事の種類は大きく分けて熱工法、トーチ工法、常温工法の3つに分類されます。

アスファルト防水は、溶融アスファルトによって下地に接着積層し、水密性に優れた防水層が構成されます。

まず、熱工法は高い技術力が必要で、220〜270度に溶融した防水工事用アスファルトを使用し、ルーフィングシート複数枚を交互に貼り合わせて防水層を作ります。

次に、トーチ工法は施行不良が少ない方法で、合成繊維の不織布などを基材にして改質アスファルトをコーティングしたシートを使用し、トーチバーナーでアスファルトを炙り出すことで貼り合わせます。

さらに、常温工法は施行中においが発生しにくい方法で、本来は溶融釜などを使用し溶かして接着させますが、常温で接着して貼り合わせることが可能で、熱に頼らないことから冷工法とも呼ばれます。
炙ったときの煤煙などの問題が少なく環境に優しい方法ですが、熱工法やトーチ工法ほど均一性はなく、ジョイント部が熱によって一体化しにくいのがデメリットです。

環境面で考えれば常温工法がおすすめですが、最近では現場環境によって3つを使い分けるようになっています。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top