住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

防水塗料の特徴とは

屋根には「陸屋根」という屋根があります。

いわゆる平べったい屋根のことで、マンションの屋上やビルの屋上、3階建ての屋上のある建物などがこれに当たります。

陸屋根の場合は雨が降ると水がたまり易くなるため、防水性が重要になります。

ただ、この防水性も10年以上経過すると劣化してくるため新しく防水工事をしなければなりません。

防水工事をするときにはシートをかぶせるタイプの物と、塗料を塗るタイプがあります。

それぞれにメリットやデメリットなどの特徴がありますが、防水塗装をする場合にはどのような特徴があるでしょうか。

まず、タイル面のような光沢のある仕上がりになる点です。

見た目の美しさを追求することが出来ます。

次に水性2液型のエポキシ樹脂塗料は固くて強い塗膜なので、防水、防じん効果があることです。

ちなみに水性2液型とは、2種類の液体塗料を混ぜ合わせたことを言います。

最後に、水で薄めることもでき、後始末も水でできるので取り扱いが簡単な点です。

このように、防水加工をするときには、塗料を塗って防水してみてもいいかもしれません。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top