住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

鉄骨ALC物件の雨漏り

鉄骨ALC物件は雨漏りしやすいと言われていますが、その原因は何なのでしょうか。

そもそもALCとは鉄骨構造建物の外壁に使われている素材の事です。
この外壁材は軽量で施工しやすいため、よく使用されていますが、その構造から雨漏りしやすくなっています。

具体的には、窓周りの構造が影響しています。
窓開口部にはアルミサッシがはめ込まれていて、アルミサッシ枠とALCの間にはシーリングという防水処理がしてあります。
そしてその内部の隙間にはモルタルが埋め込まれているので、窓回りの雨仕舞いに関しては2重構造になってしまっているのです。
しかし多くの場合、シーリングには低モジュラスタイプと呼ばれる、引っ張りに対する反発力が低い材料を用いているため、その耐久性はあまり高くありません。

場合によっては5年ほどで、その防水性能は大きく低下してきます。
防水性能が劣化してくると、、高耐久性シーリングを導入する、二次防水構造を設置する等のリフォームが必要となってきてしまいます。

しかし、たった5年でリフォームというのはなんだか早いような気がしてしまいますよね。
家を建てる前から工法、素材の特徴を知っておくと良いかもしれませんね。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top