住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

造膜タイプの塗料とは

住宅に使われている木材の場合では、金属とは異なり柔らかい素材で作られていることになるので、表面をしっかりと保護することが求められています。

木材の場合では、表面に塗装を行って耐久性を高めることを行っていることが一般的ですが、その際に用いる塗料の中には造膜タイプの塗料を利用することもできます。

造膜タイプに関しては、浸透するタイプと逆の意味合いを持っていて、表面に膜を作って、木材を守ることを目的にしています。

木材内部に浸透させる方法ではなく、表面に定着させる方法になり、長期間にわたり保護効果を発揮する塗料として使われています。

一般的なペンキを用いて塗り広げる方法と似ている部分があり、耐水性や耐腐食性などに優れた効果を発揮しているものが該当しています。


しかし、造膜タイプの場合では、塗膜を作るため、木ならではの木目や質感を生かしづらい一面があり、基本的には木目が見えない状態で仕上がってしまうので、木目を生かしたい方のケースでは浸透タイプを選ぶことが基本です。

耐久性には非常に優れているので、長期にわたって木材を保護することができます。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top