住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

親水性が高い塗料の特徴

外壁塗装の塗料にはいろいろな種類の塗料があるものです。

最近の塗料は割と高機能な物が多く、その耐用年数も20年と長くなっています。

高機能塗料の中には親水性が高い塗料が多く存在するのです。

ところで、そもそも親水性とはどのような意味でしょうか。

親水性とは水になじみやすいという意味です。

つまり、親水性の塗料は水が落ちると水が広がるのです。

やがて、その水は塗料となじんで塗料の表面に付きます。

これは一見すると、塗料が水分を吸収してしまっているように感じますが、実際には塗料の表面に水のバリアができているような感じのイメージを持つとわかりやすいでしょう。

撥水性のように水をはじかずに水をバリアのように塗装の表面に張り巡らします。

外壁にゴミが付いている場合には水がゴミの下に潜りこんでゴミを浮かせます。

そして、次に雨が降ると、雨がゴミも一緒に流してくれるのです。

そのため親水性の優れた外壁塗料には圧倒的にゴミが付きにくく、セルフクリーニングの役割を果たしてくれます。

親水性が劣化するまでの間は塗装した当時のようにきれいな状態を維持することができるのです。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top