住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

艶なし塗料の特徴とは

艶なし塗料は光沢度が5%以下にまで抑えられています。

艶なし塗料を選ぶことで、モダンな印象の家になるため、和風でシックな家におすすめです。
見る人によっては艶がありすぎると下品な印象を受けるので、艶を消して落ち着いた雰囲気にします。

艶なし塗料は添加剤によって塗った表面に凹凸を作り、光の反射を小さくしています。
よって、表面がツルツルとした艶ありよりも汚れはつきやすいです。


添加物は塗料にとっては不純物なので、少し耐久性も劣ります。

見た目の汚れが艶ありより目立つと感じるのは、2年〜3年くらいです。
それを過ぎれば、艶ありでも塗った直後の光沢感は薄れるので、艶ありと艶なしの違いはほとんど無くなります。

むしろ艶なし塗料は最初から光沢を抑えているので、経年劣化を感じにくいです。

シリコン系などグレードの高い種類を使えば、耐久性も高いまま維持できます。


一般的に通常の塗料から艶なし塗料を作るので、艶あり塗料と比べると価格が高めです。
艶を調整するとムラができやすいので、施工する職人の腕が高い方が見た目がかっこよくなります。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top