住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

艶ありと艶なし、どちらを選びますか?

外壁塗装に使う塗料には、ウレタンやシリコン、フッ素など異なる素材の塗料がありますが、それぞれに艶ありと艶なし塗料があります。

どちらにも違った魅力がありますが、艶あり塗料は見た目がつやつやピカピカしていて「塗り替えた」感を出すことができます。

艶があることで撥水性があり、汚れのつきにくさを発揮する効果があるので、艶なし塗料よりは耐久性が高いのが魅力です。

ただつや感が持続するのはもって3年ですから、そのあとは艶なし塗料と同じような見た目の外壁になります。

また、艶がありすぎると上品さはなくなることや、劣化したとき艶がなくなってしまいますので見た目にもいたんでいることがわかってしまいます。


一方の艶なし塗料は、施工後も艶がないので見た目には塗替えをしたことがわからないという特徴があります。
そのため上品な感じを出しやすいので、和風建築などにおすすめです。


艶がない分、汚れがつきやすいので耐久性が短くなります。
どちらの塗料にもそれぞれ異なった魅力があるので、外壁塗装を行う建物によって使う塗料を選ぶと美しい美観を得ることができます。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top