住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

縁切り作業とは?


縁切りという作業をご存知でしょうか。

縁切りとは、屋根塗装で塗料を塗ったことで塞がってしまった隙間を、縁切りの専用道具を用いて1枚1枚開けていく作業のことを言います。

近年、コロニアル屋根やカラーベスト屋根といった形式の屋根が増加傾向にあります。
コロニアル屋根やカラーベスト屋根は、1枚1枚薄い板を屋根に貼り合わせて屋根を完成させているものです。
少し違いますが、瓦のようなものを想像していただければわかりやすいかと思います。

上空から降る雨水は、この板と板の隙間から逃がす構造になっています。
この屋根を上から通常の塗装のように塗装をすると、塗料で板の隙間が塞がれてしまうのです。
板の隙間が塞がれてしまえば、上空から降ってくる雨水を逃がす場所がなくなってしまいますよね。
そうなれば塗装の内部で雨水が蓄積され、やがて屋根の腐食に繋がってしまうのです。

腐食を防ぐため、縁切りでは専門の道具を使い、塗料で塞いでしまった隙間を1枚1枚開けていきます。
専門の道具の中には、タスペーサーという確実に縁切りができる道具もあります。
この道具を使っているような業者なら安心できますね。

残念ながら、世の中には縁切りもせずに塗装を終えてしまうという業者もいます。
自分の家がコロニアル屋根やカラーベスト屋根だという方は、見積もりの際に縁切り作業が入っているかどうかの確認を怠らないようにしましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top