住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

縁切りとは

屋根塗装をしたときに、縁切りという作業が必要になります。

縁切りは、塗料を塗ったことでふさがってしまった隙間を一枚一枚開けていく作業なので、作業員にとっては時間がかかる面倒な作業になります。

しかし縁切り作業をすることで、屋根が腐るか腐らないか変わってくるほどの重要な作業なので必ずやってもらう必要がります。

縁切りをすることで雨が降ったときに流れる雨水を、板と板との隙間から逃すことができます。

もし雨水が流れる道を作ってあげなければ、雨水が溜まってしまい、雨漏りの原因になることがあります。

さらに雨水がたまると建築資材に湿気が入り込んでしまい、屋根を腐食させる原因にもなってしまいます。

腐食を防ぐためにも縁切りは欠かせない作業です。

ただ縁切り作業を行うときは、手間や時間がかかりますが、タスペーサーという道具を用いると確実に縁切りができるのでとても便利です。

業者が、タスペーサーという道具を使用しているかどうかを確認しておけば、安心して工事を任せることができます。

勾配が緩やかな屋根や塗り替えしたことがある屋根、コロニアル屋根やカラーベスト屋根の場合は縁切り作業が欠かせません

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top