住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

結露にも種類があるんです!

結露には2つの種類があります。
一つ目は、窓や押し入れ、壁、ドアなどに発生する「表面結露」で、もう一つは建物の内部で発生している「内部結露」です。

結露のメカニズムとは温度が高い空気に含まれる水蒸気が冷たい空気に触れる事によっておこる現象で、わかりやすく言うと「コップに入れた冷たい水の外側につく水滴」と同じ原理で起こります。

表面結露はガラスや壁など見える部分に発生するために、自分でも窓の場合は結露テープ、壁の場合は除湿器などで対処できます。

一方で、内部で発生している内部結露は壁の中や天井裏など見えない部分ですので内部結露は自分で確かめることができません。
したがって、気づかない事も多く、仮に気づいたとしても既に建物の内部が腐食される寸前という事もあります。

これを放置しておくと柱や土台にまで影響がおよび、白蟻の被害や腐敗により家がダメになってしまう事もあるのです。

対策としては内壁に防湿層を施工する方法や、湿気排出のための通気層を作るなどの大掛かりな方法もあります。
初歩的な対策としては、外壁の周りに物を置かないようにするなど空気の通り道を作ってあげる事が大事です。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top