住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

漆喰が劣化してしたときの弊害とは


昔ながらの日本式住宅には、やはり、何といっても立派な日本瓦の屋根がよく似合います。

威風堂々とした趣を醸し出してくれる屋根は、瓦の持つ特徴です。

特に、三州瓦などは有名で、瓦といえば、一流品です。

この瓦屋根をつないでいるのが漆喰ですが、漆喰塗装は、いわば土ですから、時が経つにつれ劣化して行きます。

そして瓦にずれが生じてしまうことがあります。

そうなると、漆喰が取れてしまった部分から雨水が侵入することになります。

天井の板に雨漏りのシミができてきたら、やはり、瓦がずれている証拠です。

このような染みに気づいたら、すぐにメンテナンスを行わないと、ひび割れ、剥がれが生じる元となります。

瓦屋根は、風や雪などによってずれを生じてくる事もありますが、長年使っていると、どうしても劣化することは仕方のないことです。

瓦自体を変えるお屋根替えを行う場合もありますが、そこまで大掛かりな事をしなくても、瓦の部分的な補修であれば、費用も日にちも少なくて済みます。

出来るだけ早いうちに気づいて、メンテナンスをしておくことが大切です。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top