住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

油性塗料の1液型とは?

塗料には、水性塗料と油性塗料があり、それぞれ1液型と2液型があります。
1液型は、1種類の溶液をそのまま使用する塗料です。


それに対して2液型は、主剤(塗料)と硬化剤を混ぜて用います。
塗装をする時に2つを混ぜ合わせ、さらに溶剤で薄める事で、はじめて塗料として使用できるようになります。
ですので、油性塗料の1液型とは、1種類の溶液をシンナーなどの有機溶剤で薄めて使う塗料です。


この1液型のメリットは、2液型のように2種類を混ぜ合わせる必要がないため、すぐに使える点にあります。
また、保管方法次第で次回に使いまわしをすることが出来るため、余っても次の日の工事に使えるため、材料費も抑えることができます。

しかし、1液型には、例え油性であっても、2液型に比べて耐久性が短いため、耐用年数も比例して短くなるというデメリットがあります。
しかし、近年、湿気硬化型ウレタンという1液型が開発されました。
ことで、この点が改良されつつあります。


この塗料は、空気中の湿気を硬化剤として使うため、2液型のウレタン塗料と比べても、同じくらいの塗膜性能を持っています。
このため、塗膜の劣化を防ぐ力が強く、耐久性も向上しています。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top