住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

汚れやすい外壁塗装とは

耐久性を要求する時、
汚れにくさが第一に挙げられることが多くなりましたね。

外壁の汚れを気にして塗り替えを考える人が最も多いため、
次に塗り替えるなら、より汚れにくいものをと考えるのは当然です。

塗料の各メーカーでは塗料一つ一つ試験を行っています。

具体的には屋外に塗って1から2年放置して評価したり、
JIS既定の試験用ダスト懸濁液と呼ばれる液を使って
塗装と乾燥を50回程繰り返した後に、
中性の洗剤で洗ってみて色の差を評価する、
という方法が取られています。

しかし、汚れやすい外壁塗装を
知らないうちに利用している場合があります。
今回はその塗料について説明します。

1つ目は、合成樹脂です。
合成樹脂は静電気を帯びやすく、
塗膜の表面でも静電気が発生するため、
汚れや埃を吸着してしまいます。

2つ目は、ツヤなしの塗料です。
ツヤ有りの塗料と比べると、
ツヤなしの塗料はゴミの付着が行いやすいです。

3つ目は、弾性の塗料です。
弾性塗料とは塗膜自体が粘着性を持っていて柔らかいので、
まるで刺さっているかのように
ゴミが付着し、取れにくいです。

ただし、弾性塗料はひび割れに追従する特徴があり、
クラックには強いので、汚れにくさとどちらを取るか?
という難しさがあります。
群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top