住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

汚れやすい外壁塗装とは


外壁は紫外線や雨が直接あたる部分のため、
特別なことをしなくても時間と共に劣化が進み、
汚れが付着してしまいます。

できるだけ汚れを付着させずに美しさを保つために、
外壁用の塗料はどんどん性能が進化していますが、
外壁の状態に合った塗料を選ぶことをおすすめします。


塗料の耐久性を要求する上で、重要視したいのが汚れにくさです。

塗料には様々な素材で出来たものがあり、
それぞれ耐久性や価格が異なります。

合成樹脂は帯電しやすく、塗膜の表面も静電気を帯びるので
誇れや汚れを誘引しやすい塗料になります。

外壁との密着度が高いですが、汚れやすいという特徴があります。


また、ツヤなし塗料は
ツヤあり塗料に比べると、ゴミがつきやすい特徴があります。

ツヤあり塗料は塗膜がツルリとしているので
撥水性があり汚れを寄せつけません。

ツヤなし塗料は
落ち着いた印象を与える魅力がありますが、
撥水性がないため、汚れがつきやすくなります。

そして、弾性塗料は塗膜に粘着性があり、
柔らかいのでゴミが付着しやすいため、
雨や空気中に含まれる汚れがついて
外壁が汚らしく見えてしまうことがあります。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top