住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

最も耐久年数の長い屋根材って?

屋根材として使われている素材は非常に豊富で、気候などを含めた地域性によっても違いがあります。
屋根の場合では何度も葺き替えなどを行うことをしない場所になることから、人によっては耐久性を重視して選び出すことを行う場面も見られます。


実際に最も耐久年数の長い屋根材に該当しているものがあり、主に粘度系の屋根材を見ることができます。
一般的には瓦屋根と呼ばれているものが該当していることになり、非常に高い耐久性と変色に対する強さを兼ね備えていることが大きなメリットとして挙げることができます。


このタイプの屋根材の場合ではスレート系やセメント系のように塗装の必要が無いこともメリットになり、塗り替えを利用しないタイプになるので、メンテナンス費用を削減することが可能になります。


一方で粘度系の屋根材の場合では非常に重く、地震にも弱い性質を持っているので、リフォームなどで葺き替えを検討している方のケースでは、専門業者に必ず住宅の強度について計測してもらった上で、導入を検討することが大切になり、地震対策をしっかりと行う必要があります。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top