住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

微弾性フィラーをご存知ですか?

外壁塗装という言葉を聞いて多くの人が ペンキを思い浮かべると思うのですが、実はそんな単純なものではありません。 外壁塗装で使われるのは特別な塗装剤であり、 下処理をきちんとしていないと ヒビや割れ(クラック)の上から塗装をしてしまうことになります。

 塗料は基本的に固いため、クラックの上から塗ってしまうと 当然すぐに割れてきてしまいます。 そこでこの「微弾性フィラー」というものの役目となります。

 これは下処理で使われる塗料であり ゴムのように柔らかく弾性のある材料でできています。 この塗料を塗る前にクラック部分についてある程度の 下処理をし、柔らかいゴム状の微弾性を塗ることで ひび割れが埋められ、表面にクラックが起こらないようにできます。 

これは下処理用の塗料ですので ケチケチしないで「厚く」塗ることがおすすめです。 厚く塗るためには普通のローラーでは難しいため 「砂骨(さこつ)ローラー」という スポンジのようなハチの巣のようなローラーを使用します。 薄く塗った方が工程はラクになります。 だからと言ってすぐにひび割れてきてもよいでしょうか? たっぷりと下処理をして 土台を固めておきましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top