住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

弾性塗料のデメリット

外壁塗装に使われる塗料には様々な種類のものがあり、それぞれにメリットとデメリットがありますが、弾性塗料はその名の通り伸びることが特徴の塗料です。
通常の塗料の場合、外壁にヒビ割れが入るとそこから雨水や湿気の侵入を許してしまいますが、弾性塗料であればヒビ割れが入ってもその分塗料が伸び、建物内部への雨水や湿気の侵入を防いでくれます。

しかし、その一方でデメリットとなるのが、耐用年数が短いということです。
工法次第でアクリル塗料と同様程度の5年ほどになってしまう場合もあるので、短期間での塗り替えが必要となります。
また、耐用年数に優れたフッ素塗料に混ぜた場合でも硬化フッ素塗料より耐用年数を下げてしまうので、弾性塗料のデメリットを完全に解消することはできません。

この為、ヒビ割れと耐用年数どちらを取るかによって、弾性塗料を選ぶか否かの判断をする必要があります。
短期間での塗り替えが負担にならなければ、ヒビ割れによる建物内部の劣化を防いでくれる弾性塗料には大きなメリットがあるので、検討してみるのもおすすめです。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top