住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

屋根塗装の縁切り作業について

屋根塗装の中に「縁切り」という作業工程があります。

これは、塗料を塗ったことでふさがってしまった隙間を、道具を使い1枚1枚開けていく作業のことを言います。
コロニアル屋根・カラーベスト屋根の場合、板と板の隙間から雨水を逃す構造になっているため、塗装などでこの隙間がふさがってしまうと、雨水がどんどんたまって腐食してしまいます。
そのため、塗装後にあらためて隙間を作る必要があるのです。

かなり面倒な作業になりますが、縁切りは屋根を腐らせるか腐らせないかという非常に重要な項目になりますので、コロニアル屋根・カラーベスト屋根のほか、勾配が緩やかな屋根の場合にも、水が流れにくいので縁切り作業が必要になります。

さらに、一度でも塗り替えをしたことのある屋根の場合も、やはり必要です。
業者によっては、面倒な縁切り作業をせずに工事を終えてしまうこともありますので、見積もりで作業の有無の確認をするようにしてください。
確実に縁切りができる「タスペーサー」という道具を使用している業者もあります。
屋根からの侵水は、雨漏りにもつながり、家の基礎部分も劣化してきますので、縁切り作業は確実に行ってもらうようにしましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top