住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外的要因による塗装の劣化とその対策について

外壁に使用する塗料は、紫外線やに雨より塗膜が劣化することによって耐久性が弱まり、見た目の美しさも損なわれてしまいます。

紫外線や雨は防ぐことが現実的に不可能ですが、外壁の劣化を少しでも防ぐために、それらから塗膜を保護する成分を含む塗料をえらぶことで対策出来るとされています。

塗膜を保護する成分とは、撥水性があったり、耐久性が高い塗料です。
撥水性がある塗料は雨や汚れが付着しにくく、組織の密度を高めることで、ある程度防ぐことができます。
外壁に汚れが付着すると、その部分から劣化が始まってしまうので、外壁に汚れが付着しにくい塗料を選ぶといいです。
また、外壁は劣化を防ぐのが難しいですが、劣化したと感じたら早めに補修をすることで、大がかりな補修が必要でなくなります。
塗料に素材によって異なりますが、一般的に外壁塗装の塗り替えは10年に一度が目安になっています。

ただ、それより早く劣化が気になったときは早めに塗り替えをすることにより、次に塗り替えるときまで長い期間、美しさと耐久性を保つことができます。
紫外線があたりやすい家や雨が多い地域の場合は、グレードの高い塗料を使用することで耐久性を高めることができます。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top