住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装をしないと何が起こるか

外壁塗装は耐用年数に応じて塗り替えをしなければなりませんし、 その費用はとても高価です。

 ですから別に無くても良いのではないか、 塗り直しなんて必要無いのではないかと 思われる方がいらっしゃるかもしれません。

 そこで今回は外壁塗装をしないと何が起こるかについて ご紹介いたします。 

・外壁内部の腐食 いつも太陽の熱や雨、風にさらされる外壁は 塗装が無ければむき出しの状態です。 

そのため内部に水分や湿気が入り込んでしまい 外壁内部・木材部分の腐食が始まります。 

腐食が進むことで 外壁が崩れ落ちる可能性もあります。

 ・コンクリートの強度低下 外壁コンクリートに含まれるセメント成分が中性化し 本来あるはずの強度を失ってしまいます。 耐震性にも関わってきますからとても危ないですね。 

・雨漏り 壁自体が雨や湿気をもろに受けてしまい、 そのうち進入を防げなくなって 住居部分に水分が漏れ出してきてしまいます。 

外壁にひび割れや雨漏りが出てから 塗装をしたり塗り替えたりしてしまうと かなり劣化が進んでしまっていると言えるでしょう。 最悪の場合外壁自体をリフォームしなくては なりません。

費用は格段と上がってしまいます。 外壁塗装は絶対に必要だと言うことをお分かりいただけたでしょうか?


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top