住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装やリフォームの税金対策

マンションやアパートなどの賃貸住宅を経営していると、
周期的に必要なメンテナンスを行うための支出が生じるものです。

しかし、これらの支出について、修繕費として認められれば、
「必要経費」として計上することが可能となり、
税金対策にすることができるようになります。

外壁塗装や外壁リフォームなどにかかる費用も建物を修繕するために、必要不可欠なものと考えられるので、
修繕費にあたる「必要経費」として計上し、
税金対策にあてることができます。

例として、
ひび割れによって外壁塗装の塗り替え工事が必要となった場合、
この工事が建物の耐久性を維持するために、
不可欠なものだと判断された場合は、
現状回復のための費用として、修繕費に分類されることとなります。

このような本来の価値を回復するための、
塗装の剥がれやひび割れの補修であれば、
修繕費として計上できるのです。

しかし、デザイン性を高めるための塗り替え、
建物の価値を高める目的の場合は、
修繕費でなく、資本的支出とみなされてしまいます。

塗料のレベルも判断基準の一つとなります。

法的判断に迷ったら税理士等の専門家に事前に相談し、
かしこい塗装・リフォームを行いましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top