住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装の見積もりにおける必要な項目と不必要な項目の見分け方

外壁塗装の見積もりをする場合には、必要な項目と不必要な項目がありますのでその見分け方を知っておく必要があります。

外壁塗装をする場合には施主は素人であることが多いですので、すべてを塗装業者に任せてしまいがちです。
しかし、仕事を任された塗装業者は、できるだけ多くのお金を取りたいためそれほど必要がない部分にまで塗装をして、その結果費用が高くなってしまうということがよくあります。

まず必要な部分ですが、軒天塗装は必要になります。
ちょうど軒天は陰になる部分ですが、意外と防水性は必要になります。
また、破風はあまり目立たない部分になりますが、他とのバランスを考えると破風塗装は必要です。

そして縁切りは必ず必要な作業になります。
シーリングについては比較的劣化しやすい部分になります。
ただ、築10年程度であれば劣化していない可能性が高いのです。
どのように施工したか、しっかり確認するようにしておきましょう。
極寒の地域に住んでいる場合や夏と冬の温度が違う地域に住んでいる場合は、シーリングが傷んでいることが多いのです。
そういう意味では切り換える必要がありますので、シーリング補修は検討が必要になります。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top