住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装の流れとは〜下塗り〜

外壁塗装は、ペンキを塗るように塗るイメージを持っている人がいますが、実際にはかなり複雑な方法で塗装をしていきます。

手順がいい加減だと、時間をかけて塗装したとしても、住宅を雨風から守るという本来の役割を果たせなくなってしまいます。

そこで、外壁塗装をするときには丁寧に順序よく塗装をしていくのが普通になります。

そのため、塗装をするには80万円から120万円ぐらいの予算がかかってしまいます。
複雑な手順を経ることを考えれば、その金額も納得することが出来るでしょう。


外壁塗装は高圧洗浄をして、補修を行い、養生をして塗る部分と塗らない部分を分けていきます。

その後に塗装の下塗りを行います。
下塗りの後は中塗り・上塗りを行いますので全部で3度塗りをすることになります。

下塗りをするのは、小さいひび割れを埋めるためです。

小さいひび割れがある状態で中塗りや上塗りをしても、結局穴をふさぐことができません。
その穴が時間の経過とともに広がってしまう場合があります。

また、上から塗る塗料をはがれさせないようにする役割もあります。

普通、下塗りは上塗りとは違う色を使うのです。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top