住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装の流れとは〜タスペーサー〜

外壁塗装や屋根塗装を行う現場では、プロの職人によって最適な方法で施工されています。

作業の流れの中には、例えば屋根塗装を行う場面では、スレート屋根を施工する場面があります。

このような屋根材の場合では、タスペーサーと呼ばれているものを活用する技術も存在しています。


タスペーサーとはいわゆる縁切りの作業に相当していて、屋根の重なり部分に対してタスペーサーを挟み込むことを行っています。

用いる理由に関しては、屋根の重ね部が塗料で詰まってしまうことを防ぐ役割を持っていて、一般的な屋根の場合では隙間を埋めることを行うような塗装方法もありますが、スレート屋根の場合ではタスペーサー作業を怠ると、屋根の雨水の出口を防いでしまい雨漏りの危険性も高まることになるので、注意が必要な作業になります。

もしも隙間部分が埋まってしまった場合では、屋根の内部に水分が蓄積されてしまうことになるので、屋根を腐食させてしまい、防水シートにまで雨水が入り込んでしまうことになるので、必ず縁切り作業を行うことが求められていて、屋根を健全に保つことができます。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top