住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装の塗料の2液型のデメリット

住宅の外壁塗装をする場合には、どんな塗料を使うかまでは意識していない人が多いでしょう。
詳しく知っているのは塗装マニアや外壁塗装会社の従業員、そして塗料を作っている、あるいは研究している業者ぐらいではないでしょうか。


ですが、どのような塗料かを知ることで、自宅の外壁塗装にいっそう興味が湧くはずです。
外壁塗装自体は100万円前後するものですのが、やはりそれだけ高い物であれば興味を持っておきたいところです。


塗装の種類には1液型と2液型があります。
この違いは意外と単純で、1液型はそのまま塗料として塗ることが出来るのに対して、2液型は2つの液体を混ぜなければなりません。


2液型は1液型に比べると価格が高いのが特徴になります。
混ぜるとすぐに使用しなければいけないという問題もありますので、数日間とっておくことが出来ません。
混ぜたその日に雨が降って数日雨が続いたら捨てなければならないのです。
また、混合、攪拌の手間がかかってしまうデメリットもあります。
さらに適切な量だけを作ることができる職人がいなければ作ることが出来ないのです。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top