住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装に適さない時期とは


外壁塗装にも、適した時期と適さない時期があります。

外壁の危険に気づいたらすぐに外壁塗装を行いたいところですが、業者にお願いしたところで年間を通していつでも塗装をできるというわけではありません。
外壁塗装には、塗装を行う上で適した温度や湿度といったものがあるからです。

細かい部分はここの塗装業者によって違いがありますが、おおまかに気温が5度以下・湿度80%以上という状態では塗装を行うことができません。
これは塗料によって指定されている温度・湿度であり、このような状況で塗装を行えば様々な状態が発生してしまうのです。

まず、乾燥硬化が遅くなってしまいます。
乾燥硬化が遅くなるということは、これまで行ってきたプランニングで塗装を行うことが不可能になってしまいます。
翌日の作業開始時間までに塗料が乾燥していなければ作業の遅延に繋がってしまうのです。
また、寒い時期に水性塗料を塗ると夜間に凍結してしまうこともあります。
夜露にあってしまい、塗料に不純物が混じってしまってもいけませんよね。

このような問題を避けるためにも、気温や湿度の条件を守ることは大切です。
時期でいえば春や秋が最も適していると言えますね。
塗装をすることが絶対に不可能というわけではありませんが、より完成度の高い、素晴らしい塗装にするためには春や秋などの適した気象環境で塗装を行ってもらうようにしましょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top