住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁劣化があっても即塗り直しではありません


外壁にカビやひび割れなど劣化の症状がみられた場合、メンテナンスを行う必要がありますが、症状の状況によっては塗り直しまで行う必要性を伴う場合もあります。

表面から見ただけでは劣化の状況が判断できないこともあるので、外壁の劣化が見つかった場合はまず業者に連絡をとりましょう。

劣化の具合をみて、外壁全体を補修するか、劣化の箇所だけの補修ですむかを判断します。

補修の方法は大きく、掃除と塗装、シーリングの補修です。

汚れによって塗装の劣化が引き起こされている場合、掃除を行うことでその進行を防ぐことができます。

また、カビや埃によって塗装がその機能を発揮できない状態になっている場合は、汚れを取り除くことで壁の寿命を長くすることが可能です。

さらに、ひび割れや塗膜に傷がみられる場合には、塗装によって補修を行います。
一般的には、外壁同士のつなぎ目にあたる部分にひび割れがみられる場合には、基本的な部分から塗装し直す必要があります。

表面的な損傷にみえても構造部分がダメージを負っている場合があるので、注意が必要です。



群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top