住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁を触ると手が白くなったという方へ

一戸建てのマイホームには、屋根塗装や外壁塗装などを含めて、さまざまなメンテナンスが必要であることは、多くの方がご存知のことでしょう。
では、外壁塗装が必要な時期になったのかどうかを、一般の方でも知ることができる方法はあるのでしょうか。
よく、「劣化が見られるので、そろそろ塗装工事でメンテナンスをしないと、住宅がもちませんよ。
」というような飛び込み営業で、屋根や外壁の塗装をすすめる業者が回ってくることがあります。
しかし、本当にそうなのかと疑問に思われる場合もあることでしょう。
そういったときには、外壁を手や指などで触ってみてください。
手に白い粉のようなものがついてきたら、チョーキング現象という外壁の劣化が起きているサインなのです。
チョーキング現象を見つけたら外壁塗装は、出来るだけ早めに行ったほうがよいでしょう。
放置しておくと外壁にひびやカビが現れることが考えられるのです。
すると、それを修繕する工事などで、塗装料金が上がったり期間が延びたりするだけではなく、場合によっては外壁の内部まで水が浸み込んで、雨漏りを起こすこともあるのです。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top