住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁を触ったときに白い粉がついたら…


外壁塗装は、どのような塗料を使用していたとしても、
塗膜が自然に経年劣化することを覚えておきましょう。

塗膜の経年劣化を判断できる基準の一つが、
チョーキング現象の出現です。

チョーキング現象が出現すると、
外壁を指で触ったときに、白い粉が指先に付着します。

白い粉が指先に付着するだけでなく、
大気中に白い粉末状に飛散することもあります。

経年劣化が進むと、指先で触らなくても、
強風で白い粉が舞い飛びます。

チョーキング現象は、塗装の表面が
紫外線や熱、雨風などによって劣化し、
塗料の成分の顔料が劣化によって発生するのです。


塗料の塗装は、塗膜による保護効果を作り出しますが、
塗料を使用しないで保護効果を得る方法もあります。

窯業系サイディングやモルタル、ALCボードなどの外壁は、
基本的に塗料による塗装です。

金属サイディングやトタン、羽目板などの外壁であれば、
塗料による塗装を必要としません。

そのため、金属サイディングやトタン、羽目板などの外壁は
チョーキングが起こらないので、最初の施工が重要です。

足場を組むのが困難な場所で施工すると良いでしょう。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top