住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁が膨らむ原因とは


外壁には塗装を塗ることで塗膜できるので、
紫外線や雨など外部からの傷みを防ぐ効果があります。

しかし長い時間、紫外線があたり、
汚れが付着することで少しずつ塗膜が剥がれて、劣化が進みます。

劣化が進むと塗料が剥がれて、
外壁を作っている資材がむき出しになったり、
外壁にひび割れが起こったりします。

そのまま放置しておくと、雨が降ったときに外壁内部に水が侵入し、
その水分が蒸発するときに膨らみを起こします。

膨らんだ外壁は、内部に湿気を含んでいますから、
建築資材を腐食させたり、錆を発生させる原因にもなります。


補修方法としては、手作業で膨れなどを削り取って
塗り直しをする必要があります。

塗り直しに使う塗料には、弾性塗料を使用したり、
濃い色を使った壁面にすると良いでしょう。

また、表面と素地との蓄熱量の差から膨れることがあるので、
その場合も外壁の表面を削り取ってから
下地処理を行って素地を整えます。

防水効果が高い下塗り塗料を塗ることで
外壁内部に水が入り込むことを防ぐことができ、
さらに中塗りと上塗りをすることで
高い撥水性を保ち、汚れをつきにくくすることができます。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top