住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

壁にかび・藻を発生されないためには

かびや藻が発生した外壁はとても危険です。

かびの種類によっては体内に入り込んで悪さをするものもあります。
今回は、かびや藻が発生しない外壁について説明します。

かびが発生しやすい箇所は浴室の外壁や北側の外壁、
風通しが悪い所、気温が25度以上で、
湿度が80%以上の場所となります。

住宅にできるカビは主に黒かびや青かび、ススかび等があります。

かびは花粉と同じ様に空気中に浮遊してしまうので、
体内に入った場合は、アレルギー鼻炎を急に発生させることもあり、
小さなお子さんがいる家庭では特に注意したいですよね。

塗り替えをする際に、外壁に藻やかびなどの症状がある場合は、
様々なかびが発生出来る箇所があって、
そこに自宅が含まれていると考え、
外壁の塗装工事は防かびについて重点をおくべきです。

一般的な防かび対策の方法としては、
防かび剤というかびの発生を抑制する物が多いのですが、
持続性については短く、
かびを絶滅するのは難しいのが現状です。

外壁の塗装工事を行う時には、
洗浄剤等で汚れやカビ等を完全に洗い落としてから、
防カビ剤を塗ります。

その後、ツヤありの塗料や防カビ剤が入っている塗料を塗ることで、
かびを防ぎます。

かびが生えてしまうと非常に危険なので、
早めに対処して安心できるお家にしてはいかがでしょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top