住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗装の作業工程をご存知ですか?

外壁塗装を検討されている方の中でも、塗装の作業工程についてご存知の方は少数派のような気がします。
そこで、今回は塗装作業の工程がどのようになっているのかを詳しくみていきたいと思います。

まず外壁の洗浄を行うことからスタートします。
当然ながら、外壁が汚れていたまま塗装をすれば、仕上がりや後々の耐久性にも影響しますのでしっかりと洗浄することは大切です。

洗浄で落とす汚れには、劣化した塗料の粉、苔、 カビなどがあります。
次の工程は、養生などで汚れや傷を防ぐことです。
さび止めの塗料の塗布もこのタイミングで行なわれます。

そして、実際の塗装の作業がはじまりますが、塗装は一度塗っただけで終わるものではありません。
下塗り、中塗り、上塗りといった重ね塗りを行うことで、耐久性はぐっと高まります。
また、打ち合わせで決めた色が外壁に使われるのが、中塗りと上塗りとなります。

平均的な30〜40坪の住宅を考えた場合、外壁塗装に関わる職人さんの人数は2〜3名、工事期間に関しては、8日間〜12日間で一通りの外壁塗装は終了します。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top