住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗装に大切な素地調整とは?〜外壁・屋根〜

外壁と屋根は、紫外線に直接さらされている部分なので、新築であっても施工完了直後から少しずつ劣化が始まっています。

紫外線だけでなく、雨に含まれる物質や大気中の汚染物質が付着すると、そこから劣化が始まってしまうので、定期的に外壁塗装をする必要があります。

外壁塗装は、塗料を塗ることも大事ですが、その前に素地調整という大事な作業を行います。

塗膜劣化によるチョーキングが起こっている場合、触ると手に白い粉がつきます。

白い粉は塗料に含まれる顔料で、劣化したことにより顔料がむき出しになっていることを示しています。

むき出しになった顔料を残したまま塗料を塗っても、塗料と外壁の密着度が弱まってしまうので、顔料や汚れなど表面の付着物を清掃してから塗装を行います。

そのためには、殺菌後に高圧洗浄を行います。

長年蓄積された汚れはブラシでこするだけでは取れませんから、高圧洗浄で洗い流し、ひび割れを起こした部分や欠けている部分を手作業で1つずつ丁寧に素地調整を行っていきます。

素地調整は塗装後は見えない部分ですが、丁寧に行うことにより塗料の密着度や耐久性を高めることができます。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top