住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗装が行えないサイディングも?

最近の住宅の外壁はサイディングボードを使用していることが一般的になります。
サイディングボードは、大きく分けて4種類あります。
一番利用されているのが窯業系サイディングボードです。


このボードは種類も多く、色も多彩なため人気があります。
それ以外にも木質系サイディングや金属系サイディング、樹脂系サイディングがあります。
これらのサイディングボードも15年ぐらいを過ぎるといよいよ劣化していきます。

劣化をしたら、普通は塗装をする必要がありますが、サイディングのメーカーによってコーティングが施されていると塗料の付着が悪いため、塗装をすることができない場合があります。
例えば、光触媒コーティングやフッ素コーティングの場合です。


この場合は重ね塗りをすることは出来ますが、塗装は長持ちしないでしょう。
例外的にファインパーフェクトシーラーを利用することで、重ね塗りは可能になります。

光触媒やフッ素系塗料の場合にはチョーキングなどの劣化を起こしにくいというメリットがありますが、やがてそれも劣化しますので、ファインパーフェクトシーラーを塗ることが必要です。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top