住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗膜の役割について

家や建物の外壁には、美観を美しく保つために外壁塗装が施されています。
塗装を施すことで、好みの色の建物に仕上げることができますし、使用する色によって周囲の風景と調和させたり、オリジナリティのある外観に仕上げることが可能です。

しかし、こうした外壁塗装は、建物の色を決めるという役割だけでなく、建物自体を保護するという役割も持っています。

外壁塗装を施して、塗料が乾燥後に硬化したものを塗膜と呼ぶのが一般的で、この塗膜があることで、建物の外壁が雨や紫外線によるダメージから家を守る役割を持っています。

この塗膜は厚みが薄いよりも、重ね塗りをして、塗膜を何層も重ねるとさらに効果が出るので、通常外壁塗装をする時に一層だけ塗って作業が終わることはありません。
そのため、外壁塗装をするとなると、例え小さな面積であっても使用する塗料は思ったよりも多くなるので、予算が決まっている時などは注意が必要です。

家を保護するための塗装は、紫外線カットや断熱機能のある塗料を使用することで更に堅牢な塗膜を形成することができ、より家を保護する機能を高めることができます。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top