住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗料の遮熱性と断熱性の役割

暑い時も、寒い時もエアコンに頼っていては電気代が高くなってしまい、家計に影響が出てしまいます。
外壁や屋根に使用する塗料の種類を変えるだけで、節電対策を行うことが出来ます。

塗料の機能性で、遮熱・断熱といった効果は近年注目されるようになりました。
遮熱とは日光を反射し、長波長放射をが室内に入ることを防ぐことを言います。
反射させることで、温度上昇を抑える効果があります。

放射で、表面温度を下げる役割を担っています。
ヒートアイランド現象を巣背げることで、環境にも優しい取り組みとなります。
一方、断熱とは内部を伝わる熱の量を小さくすることを言います。


太陽光からの熱を塗膜に溜め込むことが出来るので、塗膜の温度の上昇が徐々に行われて、冷めにくくなります。
遮熱には部屋の内部の熱を逃さない効果はない、といった違いを理解して利用する必要があります。

熱への耐候性の事を考えると、遮熱塗料の種類の中でも、セラミック系塗料がおすすめされます。
建物を守るためにも必要な塗料となるため、機能性に関して理解をして業者に塗り替えを依頼しましょう。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top