住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗料が環境に与える影響とは

新築してから年月が経ち、各所に老朽化や劣化が目立つようになった建物は、外観をリフレッシュするために外壁塗装を新たに施すのが効果的です。

美観を回復させるだけでなく、建物を堅牢な塗膜でコーティングすることで、建物自体を保護して寿命を延ばすことにもつながります。

外壁塗装と一口にいっても、その作業に使用される塗料には様々な種類のものがあります。
最も一般的なものの一つが油性塗料と呼ばれるもので、堅牢な塗膜と保護機能、また乾きが早く、作業を効率的に行なうという点でも優れているのが特徴です。

しかし、この油性の塗料は毒性が強く、適切に使用しなければ環境に悪影響を与えることがあります。
油性の塗料に含まれる揮発性有機溶剤が環境に悪い影響を与える他、この成分が空気に溶けると大気汚染を引き起こす原因にもなります。

また、使用後や余った塗料が水に溶けると土壌汚染を引き起こす事にもつながりますので、適切な処分の方法を取らなければいけません。

水性のアクリル系塗料は、こうした環境への影響が少ない半面、堅牢性や耐久性に劣る部分もあるので、こうした特徴を踏まえた上でどの塗料を使用するかを選ぶことも大切です。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top