住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗料が持つ「つや」

外壁塗装に使う塗料には、つや有り塗料とつや無し塗料があります。
つや消し、3分つや、5分つや、7分つや、つやありの段階で分かれているので、つやの度合いをお好みで選ぶことができます。

つやがあると、見た目がきれいで「塗り替えた」感が強く出るのが魅力です。
つやがあることで撥水性がありますから、大気中の汚染物質や汚れ、雨水などを弾いて外壁に付着しにくくする働きがあります。
外壁は汚れが付着した部分から劣化しやすいので、つやがあることで耐久性が長くなるというメリットがあります。

ただしつやがありすぎると上品さはなくなってしまうので、3分つやや5分つやを選ぶとちょうど良い具合になるでしょう。
つやは耐久性を高めますが、つや感が持つのはせいぜい塗装後3年ほどになります。
その後はつやが剥がれてしまい、つや無し塗料と同じ状態になってしまいます。

つや無し塗料は元からつやがないので、耐久性がつや有り塗料よりも低くなりますが、上品な仕上がりになるといメリットがあります。
和風建築などの落ち着いた雰囲気を出したいときはつや無し塗料を選ぶといいでしょう。


群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top