住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗料が劣化するメカニズム

塗装には丈夫な塗装、弱い塗装と色々ありますが、

様々な要因で徐々にどのような塗料でも経年劣化を起こしてきます。


一言で経年劣化(塗装劣化)と言っても様々な状態があり、

表面のその状態が単なるスクラッチキズの蓄積なのか

塗装の劣化した層の部分なのか、

大抵は両方がある場合がほとんどでなかなか見分けにくいものです。

 

今回は一度塗った塗料がどのように劣化していくのか、

そのメカニズムについてお伝えします。



そもそも塗料が劣化する原因にも

紫外線、気温、湿度、酸性雨、飛散物による接触など

様々なものがあります。



この中でも紫外線によって塗料の組織が破壊されると

塗膜は光沢を失って変色、退色が目立ってきます。



これは表面が紫外線によって破損され凹凸が出来てしまうために、

光を均一に反射できなくなることから

光沢が無いように見えてしまうからです。



その後、表面の光沢が無くなる状態から

劣化が内部にまで進行していくと、

塗膜表面だけでは無く、内部の層までもが破損(劣化)していき、

塗料の中にある顔料(色の元)の離脱が起こってきてしまうのです。




群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top